賞金総額150万+Dreamforce 2018ご招待

“スマートに開発できるAI” を使ったアプリ開発コンテスト

Salesforceでは”AIの民主化”を目指し、高度な知識や専門的な技術なしで、開発者が簡単に利用できるAIサービスであるEinstein Platform Servicesの提供をはじめました。

Einsteinがあれば、AI機能を取り入れたアプリケーションを手軽に開発することが可能です。いちはやくEinsteinの知識を獲得し、アイディアを形にして、賞金やビジネスチャンスを手に入れましょう。あなたのチャレンジ、お待ちしています! 

 

スケジュール

  • 3月22日(木) - 登録受付開始
    • アプリコンテストの登録受付を開始しています。登録方法については、「How to Enter」の項をご覧下さい。
  • 4月10日(火)〜5月1日(火) - アイディア提出期間
    • 作成しようとしているアプリのアイデアを提出して下さい。この期間内の提出は必須ではなく、応募締め切りまでに必要なものが揃っていれば問題ありませんが、事前に提出していただくことで、Salesforce.com側からのフィードバックやQ & Aなどのサポートを行わせて頂きます。

  • 5月15日(火) - 応募締切
    • 応募締切の期日までに、アプリ及び必要な情報を提出して下さい。

  • 5月25日(金) - ファイナリスト5チーム決定
    • セールスフォース・ドットコムが選出した審査員チームにより、上位5チームの選出を行います。
  • 6月8日(金) - 最終選考会および表彰式
    • 上位5チームによる最終選考会を開催し、その場で審査員チームにより、順位を決定・表彰します。

関連リソース

 Einsteinでアプリケーション開発を行うために役立つ情報をご案内します。

セミナー

 

View full rules

Eligibility

応募時の年齢が 20 歳以上であるか、あるいは居住地の成人年齢に達している、日本 (以下「有資格地域」といいます) の合法居住者であればどなたでも参加できます。
参加者は、個人、あるいは有資格の参加者のみで構成されるチームのいずれかで応募することができます。

また、スポンサー関連会社や政府関係者など、一部コンテストへ応募ができないケースもありますので、詳しくはルールの「4. 応募資格」をご確認下さい。

Requirements

応募要件 :

  • 提出するアプリは、Salesforce Einstein Platform Servicesを 1 つ以上使用して開発した作品でなければなりません。
  • 提出するアプリは、応募者のオリジナル作品でなければならず、第三者の知的財産権、プライバシー権をはじめとするいかなる権利も侵害するものであってはありません。
  • 応募用の提出物には以下の情報を含めてください。
    • アプリ名
    • 設計の概要や Einstein プラットフォームサービスをどのように活用しているかの情報を含む、アプリの説明
    • アプリの使用方法
      • アプリケーションがログイン等を必要とする場合には、アプリの利用に必要なアカウントの情報なども含まれます。
    • アプリの価値に関する説明

必須使用テクノロジ :

必ず一つ以上のテクノロジを利用する必要があります。

  • Einstein Vision
    • Einstein Image Classifier
    • Einstein Object Detection
  • Einstein Language
    • Einstein Intent
    • Einstein Sentiment

推奨プラットフォーム :

セールスフォースがサポート出来る以下のプラットフォームを推奨します。しかしAWSなどはじめとした、他のクラウドプラットフォームの利用も可能で、審査に優劣はありません。

  • Lightning Platform
  • Heroku

Judges

菊池 佑太

菊池 佑太
株式会社ABEJA 執行役員

倉林 陽

倉林 陽
Draper Nexus Ventures Managing Director

ケン・ワカマツ

ケン・ワカマツ
米国セールスフォース・ドットコム プロダクト・マネージメント シニア・ディレクター

浅田 慎二

浅田 慎二
株式会社セールスフォース・ドットコム セールスフォース・ベンチャーズ日本代表

前田 恵

前田 恵
株式会社セールスフォース・ドットコム AppExchange アライアンス プリンシパルソリューションマネージャー

Judging Criteria

  • Einsteinの有効活用 (25%)
    アプリケーションにおいて、Einsteinサービスを効果的・有効的に活用しているかを評価します
  • アイデア (25%)
    アプリケーションの発想や独創性、、ユニークなアイデアを評価します
  • データセット・モデル (10%)
    解決を試みる課題に対して適切なデータセットを準備し、モデルが構築できているかを評価します
  • ユーザエクスペリエンス (10%)
    アプリケーションの操作性、UIの洗練度合など、ユーザ体験のレベルを評価します
  • アーキテクチャ (10%)
    アプリケーションを構成しているアーキテクチャ、技術的先進性を評価します
  • 将来性 (20%)
    今後のさらなる活用、商用サービス化など、アプリケーションの将来性を評価します